高齢者保健福祉部

平成26年度活動方針

理学療法士の知識および技術を通して、高齢者の保健・医療・福祉に寄与する

1.大阪府ならびに各市町村と連携し「大阪府介護予防標準プログラム」の理学療法士担当業務について応援・派遣を行い、府民の介護予防を推進する。

2.府士会における保健・福祉分野への公益的な活動の方向性を検討する。また、大阪府における保健・福祉分野に関する公益事業について調査する。

3.地域包括支援センターの介護支援専門員などに対し、地域包括ケアシステムおよび多職種連携における役割と重要性の理解を深めることを目的とした講習会を開催する。

4.地域包括ケアシステム構築に向けて、地域包括支援センター等の有用な情報提供窓口の開設を目的とし、各市町村における理学療法士の連絡体制の強化を図る。

部員紹介

部員紹介は会員エリアに掲載しております(会員のみ閲覧可)。
→ 会員専用エリア

お問い合わせ

高齢者保健福祉部のお問い合わせはこちらからお願いいたします。