TOP > 子どもたちへの理学療法施設ガイド > 通園施設 > 社会福祉法人愛徳福祉会 大阪発達総合療育センター

社会福祉法人愛徳福祉会 大阪発達総合療育センター

(2009年12月 掲載)
領 域 小児病院・肢体不自由児施設・肢体不自由児通園施設・重症心身障害児者施設・重症心身 障害者通所
住 所
〒546-0035 大阪市東住吉区山坂5-11-21
電話番号
06-6699-8731
FAX
06-6699-8134
施設概要(小児領域のみ)
診療科目
小児整形外科・小児科・リハビリテーション科・泌尿器科・障害児歯科
※装具診以外は予約制
受付時間
8:30~17:00  ※土曜日は13:00まで
病床数(定員)
肢体不自由児施設   40床(内、母子入園3床)
肢体不自由児通園施設 60名
重症心身障害児-者施設  63床(うち17床はショートステイ)
重症心身障害者通所施設 15名
小児リハビリテーション関連プログラム
形態
外来・単独入園・母子入園・通園・通所 ・ショートスティ
内容
PT・OT・ST・手術・義肢装具・保育・看護・栄養指導・ソーシャルワーク
対象児
脳性まひ・筋疾患・二分脊椎・後天性脳障害・骨系統疾患・染色体異常・発達遅滞・学習障害・知的障害
対象年齢
0歳から
小児関連職種
職員数
(非常勤を含む)
(非常勤を含む) 整形外科医(9)・小児科医(7)・麻酔科医(1)・泌尿器科医(2)・歯科医(3)PT(24)・OT(21)・ST(7)・保育士(17)・ケースワーカー(3)・看護師(98)・介護福祉士(29)・歯科衛生士(6)
病院・施設の特徴
1970年に設立 された肢体不自由児施設で、開園時よりボバース概念に基づいた療育を実践しています。子ども一人一人の能力や障害に応じて個別治療計画を立て、障害のある 子どもと家族のニーズに応え、具体的、現実的に生活支援していくことを目的にしています。入園・通園・通所・外来部門があり、乳幼児から成人の方まで幅広 い年齢の方々に利用していただくことができます。平成18年4月には重症心身障害児施設(入所 25床、ショートステイ5床)を開設し、平成20年3月に全面開設(入所63床、ショートステイ17床)しました。

  • 肢体不自由児施設:整形外科的手術も含め、平均3ヶ月間の入園でPT・OT・STの集中治療を受けることができます。退園後の家庭・学校・社会生活を考慮し、機能改善とともに具体的な生活援助をしています。
  • 重症心身障害児施設:重度な障害のある方々が医療的ケアとPT・OT・STを受けながら健康で豊かな生活を送っていただけるよう努めています。
  • 肢体不自由児通園:0歳から就学前までの子どもが保護者と一緒に来園し、PT・OT・ST・保育を受けることができ、乳幼児期に密度の濃い療育を提供しています。また、両親教室を開催して、両親教育にも力を入れています。
  • 重症心身障害者通所:大阪市内に在住で、学校を卒業された重度な障害のある方々が利用できます。リハ医療を受けることができ、様々な余暇活動を楽しむことができます。
  • 外来:医師による診察でPT・OT・STの必要性が判断され、個々に応じた処方から受けることができます。原則的に頻度は、週1回~月1回など年齢と必要度によって判断されます。12回を1クールとして実施しています。